さとうみゆきの著書
「写真で覚えるビジネス英語」シリーズ

image_s_office01.jpg  image_s_neg01.jpg  image_s_trip01.jpg

CD付 写真で覚えるビジネス英語[オフィス編]
  CD付 写真で覚えるビジネス英語[商談・交渉編]
CD付 写真で覚えるビジネス英語[海外出張編]
各1680円(税込)で好評発売中!!

アメリカで取材した、リアルなビジネス英語表現満載!
写真とセットで見るから、ビジネス語彙が記憶に定着


2010年03月21日

激安飲茶テイクアウト




リトルサイゴンにYum Cha Cafeという激安の飲茶店を見つけました。ベトナムスーパーのフードコートにあって、ほとんどの品が1オーダー0.99ドルか1.39ドルという安さ。その場で食べることもできますが、ほとんどの人はテイクアウトしていくようです。

家に帰ってきて早速Yelpで調べてみたら、同じ名前の店がサンゲーブリエルやチャイナタウンなど、いろいろな場所にあります。どうやらチェーン店のようです。

私は5品を買って6ドルちょっとでしたが、この値段でこの味なら悪くないでしょう!テイクアウトっていうのも気軽でいいし。

夫が出張中で実は一人飲茶です!!淋しい!?たまにはいいよね。

Yum Cha Cafe
8900 Westminster Blvd.
Westminster, CA 92683
(Mu Thuan Market内)

おまけ:飲茶メニューの呼び方
1. 春巻 → 中国語:春卷(チュンジュアン)  英語:Egg Roll/Spring Roll
2. 餃子 → 中国語:餃子(ジャオジ)  英語:Dumpling/Pot Sticker
3. 蒸し餃子 → 中国語:蝦餃(ハガウ)  英語:Steamed Dumpling
4. しゅうまい → 中国語:燒賣(シウマーイ、シャオマイ)  英語:Shiu Mai
5. 腸粉(写真にも写ってるモチモチしたやつ) → 中国語:腸粉(チョンファン)  英語:Rice Noodle Roll
6. 咸水角(もち米の生地で具を包んで揚げた餃子) → 中国語:咸水角(ハムスイコ)  英語:不明(たぶんDeep Friedなんとか) 
7. 小籠包 → 中国語:小籠包(シャオロンパオ)  英語:Soup Dumpling
8. 豚まん → 中国語:叉燒包(チャーシューバウ)  英語:Pork Bun
9. 大根餅(大根も餅も入ってない) → 中国語:蘿蔔○=ちんすこうの“こう”という字(ルオポガオ)  英語:Pan Fried Turnip Cake
10. 杏仁豆腐(杏も豆腐も関係ない) → 中国語:杏仁豆腐(シンレンドウフ)  英語:Almond Gelatin
11. マンゴープリン → 中国語:芒果布甸(発音不明) 英語:Mango Pudding
12. 胡麻団子 → 中国語:芝麻球(チーマーチュー)  英語:Sesame Jin Dui/Sesame Ball
13. カイラン(飲茶の中の数少ない緑黄色野菜。おいしいよね) → 中国語:芥蘭(カイラン、ガイラン)  英語:Chinese Broccoli

*お店によって呼び方の違いが多少ありますので悪しからず。

まぁ、飲茶はメニューを見ないで注文できるのが長所なんだけど、英語をぜーんぜん話せない中国系のおばちゃんとコミュニケーションとれなくて困ることがよくありますよね。

アメリカで飲茶は、點心を意味するDim Sumという呼び方が定着してます。

☆アメリカ在住者のブログを見る☆
☆北米在住者のブログを見る☆


posted by さとうみゆき at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン/ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

超高級ラスクとは?




日本からのお土産に、ガトーフェスタ・ハラダのラスクをいただきました。

ラスクはアメリカのパン屋やスーパーでも時々見かけます。袋に入って束で売っていることが多く、値段もかなり安かった気がします。確かラスクって、余ったパンでつくるんじゃなかったっけ?と思ってネットで調べてみるとその通りで、硬くなったパンをアイシングをかけて再利用したお菓子、というのが定義です。

ところがこのラスクは超高級で、行列ができるほどの人気だといいます。何がそんなに人気なんだろうと食べてみると、それがコーティングに使ってるチョコレートだとわかりました。コクのあるチョコレートをたっぷりとかけてあります。中はパリッとしたパンなので(だと思う)食感の組み合わせもいいんです。

ラスクがこんなに洗練されたお菓子になるとはビックリ。そしてそういう手間暇をかけてしまうのは、日本人ならではだなぁと思います。

☆アメリカ在住者のブログを見る☆
☆北米在住者のブログを見る☆


posted by さとうみゆき at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | レストラン/ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

近場のワイナリー

連休2日目。快晴で最高気温25度と、南カリフォルニアらしいゴージャスな日でした。久しぶりにラグナビーチに行くことになり、途中で前から気になっていたワイナリーに立ち寄ることにしました。




ラグナキャニオンワイナリー
はオレンジカウンティ唯一のワイナリーで、ラグナビーチ市内にあります。ただ、この辺でワイン用のぶどう栽培はまず無理なので、ぶどうは主にナパバレーやソノマから仕入れているそう。要するに、ワインの製造だけを行ってるワイナリーなのです。




倉庫を改築したようなワイナリーでテイスティングもできます。赤、白、スパークリング、デザートなど幅広いセレクションがあって、1種類につき2ドルです。ワインを購入するとテイスティングは無料になります。




わりとあっさりしたワインが多い気がします。結局、シャルドネのデザートワインだけ購入しました。ワイナリーの隣りにはイベントルームもあって、貸切パーティなどに利用できるそうです。




その後、ラグナビーチに行ったら人、人、人!着くまでもうんざりするほどの渋滞。駐車スペースも簡単に見つからない。やっぱりみんな考えることは同じというか・・・いい天気だからビーチに行こう、みたいな。こんな暖かい週末は久しぶりだもんね。

でも暑くもなく寒くもなくほぼ完璧と言える気候で、本当に気持ちのよい1日でした。

☆海外生活のブログを見る☆
☆北アメリカのブログを見る☆


posted by さとうみゆき at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン/ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

おすすめのチョコレートブティック

バレンタインを間近に控え、アメリカ在住の男性はパートナーに何を贈ろうか、あれこれ考えていることと思いますハートたち(複数ハート) え、考えてない??じゃ、真剣に考え始めてください(笑)

ゴディバのチョコレートじゃありきたりでつまらないし、だからといって日本のデパ地下のような気の利いた場所もないし・・・と悩んでいる方には、Mamade Chololatがお勧めです。










このチョコレートブティックは、ビバリーヒルズの一等地にあってハリウッドセレブの顧客も多い有名店。美人ショコラティエのHasty Torresさんが手づくりするチョコレートは見た目にも美しく、味も洗練されています。チョコレートはベルギー産を使用しているそう。







そして嬉しいのは、チョコレートも包装も本当に高級そうなのにお値段が良心的なこと。50ドルの予算があればかなりのセレクションから選ぶことができます。ビバリーヒルズにしては安いと思います。

(BHにもう一軒、K Chocolatierという店があるけど、こっちはビックリするほど高価)




バレンタインに一番人気なのは、このハートケースなんだそうです。中に入れるチョコレートは自分で選ぶことができます。ケースは取っておいてアクセサリー入れなんかに再利用できますね。




いつもよりワンランク上のギフトを探している方、ぜひチェックしてみて下さい!ビバリーヒルズまで遠すぎるという方も、ウェブサイトでお買物できるので大丈夫です。でもお店のつくりも本当に素敵だし、お店でしか買えない商品もあるので、機会があれば行ってみて下さい。


写真は以前に取材した時に撮影させてもらいました。仕事の本気モードでやると、私もこれくらい撮れるんでするんるん

☆海外生活のブログを見る☆
☆北アメリカのブログを見る☆


posted by さとうみゆき at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | レストラン/ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

久しぶりにドイツ村のビュッフェ




今日はトーランスに行ったので、久しぶりにドイツ村(Alpine Village)でサンデーブランチを食べました。

以前は確か一人12.95ドルだったのに、17.95ドルに値上げされてる。お得感は薄れてしまったけど、シャンペンも飲み放題でこの値段だから、相場を考えるとそれほど悪くはないのかも。




ドイツ料理が中心のビュッフェということで、コールスロー、ソーセージ、ハム、ザワークラウト、農夫の朝食(ジャーマンポテト)、ウィーナーシュニッツェル(ドイツ風とんかつ)といったメジャーな料理はだいたいあって、ほかにもアメリカンな朝食メニューがあります。

ドイツ料理って素朴な感じがするけど、ライ麦パンにサラミやチーズをはさんで食べる朝食、大好きです。数年前にドイツの田舎をした時、手づくりハムやチーズがたくさん出てきたホテルの朝食が本当においしくて、私の中ではトップ10に入ってます。




ウィーナーシュニッツェルはウスターソースをかけたくなるけど薄切りでおいしいし、羊肉の煮込みもいけてます。これじゃ物足りないアメリカ人は、カービングセクションに行ってプライムリブをカットしてもらいます(笑)

ブランチが終わったら、隣りの建物にあるマーケットで惣菜やドイツの食品を物色するのも楽しいです。かなり品揃えが多くて本格的なんです。

ロサンゼルスにドイツ料理の店って少ないから、たまにはいいですね。ちなみに、オレンジカウンティにもドイツ村があるけれど、トーランスのほうがぜんぜん味がいいと思います。


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by さとうみゆき at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン/ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。