さとうみゆきの著書
「写真で覚えるビジネス英語」シリーズ

image_s_office01.jpg  image_s_neg01.jpg  image_s_trip01.jpg

CD付 写真で覚えるビジネス英語[オフィス編]
  CD付 写真で覚えるビジネス英語[商談・交渉編]
CD付 写真で覚えるビジネス英語[海外出張編]
各1680円(税込)で好評発売中!!

アメリカで取材した、リアルなビジネス英語表現満載!
写真とセットで見るから、ビジネス語彙が記憶に定着


2009年12月31日

今年のグリーティングカード




昨年は喪中でグリーティングカードの送付を失礼させてもらったんだけど、今年は慌しくて12月中にほとんどカードを出せず、年賀状になってしまっています。遅くなって申し訳ありません。

しかも、日本に送ったカードが料金不足で届いていない様子。こちらにも戻ってきてなくて行方不明なんです。大変失礼しました。

日本はもう大晦日なんですね。
2010年は新しいdecade(10年)の始まりです。2000年のあの大騒ぎが10年前の出来事なんて早いなぁ・・・。

今年も1年お世話になりました。そしてこの10年間おつきあい下さった皆様、ありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎え下さい。

さとうみゆき


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
posted by さとうみゆき at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

北よりもサムイ

家に帰ってきたら寒くてビックリ。
北カリフォルニアのほうがぜんぜん暖かいです。
サンフランシスコ湾から肌を突き刺すような風が吹いてなかったからそう感じたのかも。こんな穏やかなベイを見たのは初めてでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
posted by さとうみゆき at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

クリスマス in San Francisco

水曜日からサンフランシスコに行ってきます。
今年はサンクスギビングに行きそびれたから、クリスマスをSFで過ごすことになりました。

寒そうだけどダウンタウンとかノブヒルとかブリッジとか綺麗だろうな。
お決まりのナパバレーも行ってきます。

ビックリしたのがホテルの料金。マリオット1泊19.95ドルだって。
ヤバイねー、どこもガラガラで価格崩壊が始まってるのかも。
ちなみにこれは従業員割引料金なんですけどね。義姉が勤めているので。

それにしても19ドルって、雑魚寝のユースホステルじゃないんだし・・・。ハウスキーパーの時給も払えないんじゃないの?と心配になります。従業員割引でもこんな低価格は今まで聞いたことがありません。

Any way, have a very merry Christmas!!
posted by さとうみゆき at 16:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

今年のツリー




今年のクリスマスツリーは枝が上を向いています。
ちょっと変わってるけど全体のバランスがいいね。すごく背が高くて天井に届きそうです。
夫が近くのホームセンターで選んできました。

もちろん飾りつけも、私はやってません(笑)
こういうアナログな仕事が大の苦手なので。
でもちゃんと写真に撮って記録に残すという仕事はやってます。
posted by さとうみゆき at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

ハリウッドの日本人監督



ロサンゼルスで映画監督をしている長土居政史さんという知り合いがいます。映画産業に関わる日本人は多いけれど、自分で製作会社を持って監督までできる人はほかに見かけません。

その長土居氏の作品「エンジェルゲーム」がこのたび日本でも配給されたそうです。究極のセクシーサスペンスという路線で、妖艶な美女がたくさん登場するバリバリのハリウッド映画です。

日本人監督のハリウッド映画が日本逆上陸って史上初なんじゃないでしょうか?

ハリウッドで映画をつくる・・・映画好きなら誰でも一度は夢に見ることなのかもしれません。でもここは、チャンスを求めて世界中から人がやって来る場所。生き馬の目を抜く厳しい世界です。

そんなハリウッドに根ざして、作品をつくって世に送り出すだけでも偉業なのに、日本でも配給されるなんて!

これって自分に喩えると、英語で執筆してアメリカで出版した本が、日本で翻訳出版されるってことでしょ?

ありえない!すごすぎる!

しかも長土居氏、ウィキぺディアにまで載ってた!!おやじギャグばかり言ってるおっさんかと思ってたらセレブだったのね(笑)

カントクにはどんどん活躍してもらって、そのうち「キョショー」と呼ばせて欲しいですね。日本のみなさんも応援しましょう!
posted by さとうみゆき at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。