さとうみゆきの著書
「写真で覚えるビジネス英語」シリーズ

image_s_office01.jpg  image_s_neg01.jpg  image_s_trip01.jpg

CD付 写真で覚えるビジネス英語[オフィス編]
  CD付 写真で覚えるビジネス英語[商談・交渉編]
CD付 写真で覚えるビジネス英語[海外出張編]
各1680円(税込)で好評発売中!!

アメリカで取材した、リアルなビジネス英語表現満載!
写真とセットで見るから、ビジネス語彙が記憶に定着


2009年08月11日

転んでもタダでは起きない

私がかつて勤めていた会社の社長は、かなりユニークな経営哲学を持った人でした。
いろいろと勉強させてもらいましたが、特に印象に残っているのは「転んでもタダでは起きない」ということ。本人がそう言ったことは一度もなく、まさにそれを地でいく人でした。

あれから十ン年という月日が経っているけれど、いつも困難にぶつかると社長のことを思い出します。

今回の著書も、ここに来るまで紆余曲折があったけれど、転んでもタダで起きなかった結果こうなったわけで、その意味で社長にとても感謝しています。

posted by さとうみゆき at 23:21| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

念願の著書





このたび先輩ジャーナリストの形山昌由さんと共著という形で、ビジネス英語の学習本を出版しました。

アメリカのビジネスシーンで実際に使われている英語を、写真で見て学習するという新しいスタイルの本で、1年以上にわたる現地での取材と撮影にもとづいたコンテンツが特長です。

「写真で覚えるビジネス英語 オフィス編」CD付き
Chapter 1 会社組織とオフィス環境
Chapter 2 業務連絡
Chapter 3 社内コミュニケーション
Chapter 4 打ち合わせ
Chapter 5 人事・総務
Chapter 6 プレイクとアフター5

本の詳細はこちらからご覧いただけます。

執筆を職業とする人間にとって、著書を出すというのはひとつの大きな目標。今回、たくさんの方のお力添えによって、それを実現することができました。

取材や撮影に協力してくださったみなさん、制作に関わったスタッフの方々、執筆中にずっと支えてくれた家族と友人たち、本当に本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

この本はシリーズ化が決まっており、次は「商談・交渉編」(8月末発売予定)、その次が「出張編」(9月末同)となります。そのためまだ作業が残っており、1冊目が出たからといってホッとしてるわけにはいかず、日本でも慌しい日々を送ることになりそうです。

この本は三つ子の一人目ってとこかな。
(私が教えている日本語学校の生徒に三つ子ちゃんがいるので、ついそう考えてしまう)


応援よろしくお願いします!!
posted by さとうみゆき at 05:42| Comment(8) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

ウルフギャングさん



先週、ウルフギャング・パック氏の新しいレストランがサンディエゴに開店し、そのオープニングパーティに招待されたので行ってきました。

これだけ有名になってしまうと、もうシェフというよりはスポークスパーソンで、終始ゲストに挨拶したり、インタビューに答えたりで大忙しでした。

氏は、シュワ知事と同じくオーストリア出身で、アメリカに来てキャリアに華を咲かせた料理人。「西洋人がつくる東洋の料理」というものを本格的に実現した第一人者で、アメリカでこれだけアジア料理の人気が爆発したのも、彼の貢献なしでは語れません。

新しいレストラン「Jai」はUCSDのキャンパス内にあります。エグゼクティブ・シェフは日本人のYoshiさんという方です。
posted by さとうみゆき at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

二冊目の本が出た



私の所属する編集プロダクション、フィーチャプレスが製作協力した本の第2弾「お店で使える英語POP表現」が出版となりました。「教科書にのってない海外日常英語がわかる本」に続き、第2弾です。

これは、お店をやっている人が外国人のお客さんのために英語でPOPやサインをつくる時に参考にできる本で、アメリカやイギリスの事例を見ながら、現地で使われている実用的な表現を学びます。
さらに素晴らしいことに、重要なセンテンスは中国語と韓国語でも書かれています。ロサンゼルスの日系ビジネスも最近、中国系や韓国系のお客さんが増えてきてるので、そういうお店にぴったりです!!

日本国内はもちろんですが、アメリカの日系書店でも好評発売中です。よろしく!

さて、年初にたてた「著者になって、印税で稼ぐ」という目標は今、第3弾に向かって進行中です。まだまだ課題は多いけどがんばるぞー。
posted by さとうみゆき at 23:59| ロサンゼルス ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

アメリカ人と美容

たまには仕事の話でも。

アメリカ人女性10人ほどをインタビューしました。内容は「美」についてです。
改めて聞き込んでみると、意外な発見がたくさん。たとえば、大多数は自分のことを年齢より若く見えると思ってます。待ち合わせする時も「37歳だけど25くらいに見えるから」とか言います。

う”〜〜〜〜〜〜〜ん(苦笑)

あと、全体的にそんな気合い入れてお手入れしてないんですね。私もやってないほうだと思ってたけどアメリカ人はもっと適当なことがわかりました。

「美しさを保つために心がけていることは?あなたのビューティシークレットを教えてください」という質問があったんだけど、「毎日メイクを落とす」と答えた人が3人もいました。

え”???それってビューティーシークレット???
落とさないほうがやばいんじゃなくて??

やっぱりあれかな、日本人の気合いと比べるから手抜きだと思ってたけど、アメリカ人に比べると私も頑張ってるほうなのかしら。ハイメンテナンスだけど自分ではあまり手入れせずにスパ、サロン、ドクター任せのアメリカ人も多いしね。

日本人女性はたとえば、私が何年ぶりかで泊まりに行った時でさえ、お風呂から上がって30分間パッティングやってたりします。積もる話もパッティングしながら・・・みたいな(笑)

日本人の美へのこだわりはすごいなーと改めて感じます。
posted by さとうみゆき at 23:10| Comment(7) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。