さとうみゆきの著書
「写真で覚えるビジネス英語」シリーズ

image_s_office01.jpg  image_s_neg01.jpg  image_s_trip01.jpg

CD付 写真で覚えるビジネス英語[オフィス編]
  CD付 写真で覚えるビジネス英語[商談・交渉編]
CD付 写真で覚えるビジネス英語[海外出張編]
各1680円(税込)で好評発売中!!

アメリカで取材した、リアルなビジネス英語表現満載!
写真とセットで見るから、ビジネス語彙が記憶に定着


2010年09月24日

新刊「パワー・オブ・フィルム 〜名画の法則〜」の記者会見


(クリックで拡大)

このブログで以前紹介した、カントクこと長土居政史さんが「パワー・オブ・フィルム〜名画の法則〜」(ハワード・スーバー著)を共訳したとのことで、その出版記者会見に行ってきました。

まず気に入ったのが会場。独立系の映画制作スタジオの1部屋を借りて行われたんだけど、スタジオなんて普段なかなか入る機会がないので、それだけで行った価値がありました。スタジオ内もいろいろと見せてもらったし。

記者会見は合同ではなく個別に行われたので、時間制限はあるけれど聞きたいことが聞けて良かったです。写真もご覧の通り、きれいに撮れたし(左から、訳者の長土居氏、著者のハワード・スーバー氏、訳者の森マサフミ氏)。

肝心の本ですが、長土居氏が学んだUCLAフィルムスクールの教授であるスーバー氏の、30年以上にわたる講義録をまとめたもので、人気の出る作品、印象に残る作品に共通する法則というものを、鋭い洞察力で解説しています。

スーバー氏は数え切れないほどの教え子をハリウッドの映画界に送り出していて、氏の講義は映画人の間で伝説になっているのだとか。そんなハリウッドのバイブルともいえる"The Power of Film"(原書)が、このたび日本語で紹介されることになったわけです。

私も1冊いただき、昨夜から読み始めたのですが、抱いていた印象とは全く違うものでした。「映画とはなんぞや」みたいな退屈な映画論ではなく、人を惹きつけるものは何かという「魅力研究」みたいな本なのです。もちろん、数々の名画が取り上げられていて、映画ファンや映画業界にいる人にはたまらない内容でしょう。しかし、ここに書かれているのは映画に関わっていない人も参考にしたくなることばかりなのです。

コメディ好きの私にとって、印象に残ったのがPlaying It Straight(普通に演じること)というトピックにある、以下の一節です。
 
 多くの喜劇役者もまた、“普通に演じること”の大切さを主張する。逆に、訓練の足りないアマチュアほど、観客に向かってウィンクしてうなずきながら「ボクは面白いよ」とアピールする。
 ジョークの本質を学んだことが無い人は、よく「笑い話だけど……」と言って話を始める。しかしユーモアを効果的に伝えるには、ジョークにしても劇場映画にしても、ストーリーの面白さを知らないふりで話した方がいいのだ。

こんな風に、スーバー氏の解説はどれも簡潔に核心をついています。だからこそインパクトがあり、受け取る側の印象にも残るのだと思います。映画が好きな人はもちろんですが、何かをつくることに携わる人にもお勧めできる本ですし、ビジネス書としての価値も高いと思います。秋の読書シーズンにぴったりの本と言えるでしょう。書店で手にしてみて下さい。




☆アメリカ在住者のブログはこちら☆
☆北米在住者のブログはこちら☆


posted by さとうみゆき at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

プロフェッショナルを自称する人

仕事で行き詰っているさとうです。また間があいてしまいました。

最近、ちょっと考えるところがありました。
ある案件で一緒に仕事をすることになった人がいるんですが、この人、何かというと自分のことをプロフェッショナルと呼びます。
「私はプロフェッショナルだから忙しい」、「私のようなプロフェッショナルは」、「プロフェッショナルとして言わせてもらうと」云々・・・

その割に!
自分で決めた締切を守らない、電話で話せば文句ばかり言ってる(冗談ぬきで時間を取られる)、自分と関係ない作業にケチをつける、などチームワークを無視する言動ばかり。プロフェッショナリズムの欠如もいいところです。

こういうことってほかにも当てはまりますよね。
たとえば、自分をバイリンガルと呼んで憚らない人。
海外に住んでいる人はバイリンガルなんて言葉、恥ずかしくて使えないですよね。アメリカにも2ヵ国語を話す人が掃いて捨てるほどいるけど、誰もそんな風に自称しないし。

自己吹聴は逆に欠落しているものを晒すことになる。学びましたよ。
自戒の意味も込めて書いておきます。

☆アメリカ在住者のブログはこちら☆
☆北米在住者のブログはこちら☆



追記:もう1つ学んだこと。年がら年中「忙しい」と言いまくっている人に限って仕事ができない、実はたいして忙しくない。本当に忙しい人は「忙しい」と文句を言う暇もないから。
これも自戒を込めて。

posted by さとうみゆき at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

ジオスの思い出と仕事の裏話




英会話のジオスが破産申請しましたね。負債総額75億円とか。ちょっとショックでしたが、「あぁ、やっぱり」とも思いました。

以前に、ここの教材開発部と仕事をしてたんです。教室で使う教材とは別に一般書店売りの英語学習本を出版していて、私はその制作に携わっていました。もともとジオスは徳島で始まった英語学校で、本部というのは今でも徳島に残っています。本部内にある教材開発部を訪ねて、徳島まで行ったこともあったっけ(遠かった)。

(写真はその時ジオスの人にご馳走してもらった徳島ラーメン。こてこて系)

で、ここからは仕事の裏話なんですが、長くなりそうなのでヒマでしたらお付き合い下さい(笑)

ジオスの英語本を3冊ほど出版したところで、「次は著書を出させて下さい!」って編集者にお願いしました。でもジオスは自社内での企画にこだわっていて著者をあまり立てたがらない体質なんです。ただ、制作した3冊の売れ行きが良かったので、企画を出して交渉した結果、「やってみましょう」という返事をもらうことができました。

その企画というのが「ビジネス英語」を取り上げた内容だったんです。企画が通ってからは目次をつくって、コンテンツを膨らませて、撮影と取材に取りかかりました。それまで制作してきた本より、何倍も気合いが入っていましたよ。

ところがある日、編集者から連絡あって「企画を一時保留にして欲しい」と。理由を聞いてもハッキリした返事がもらえず、しばらく企画が宙に浮いた状態に。そのままうやむやにする雰囲気が感じられたので、しつこく連絡し続けて、ようやく得られた回答が「新しい本の出版をすべて見送ることになった。本社の決定なのでどうすることもできない」でした。

これはさすがにショックで泣きました。崖から突き落された気分。企画が途中で折れるというのは出版業界によくある話なんだけど、初めての著書がそうなってしまうのはあまりにも悲しすぎます。

その数日後、日本に急きょ帰らなければならない用事ができてしまいました。プライベートなことで色々と大変だったんだけど、日本にいるからにはジオスに行って直接話を聞くしかないと思い、面会を申し込みました。編集者が大阪で会ってくれると言います。すぐに用意をしてその日のうちに大阪行きの夜行バスに飛び乗っていました(笑)

翌朝、編集者と会いましたが彼女も詳しい事情は聞かされてなくてショックを受けているようでした。「自分もいつまで教材開発部にいられるかわからない」と。今思えば、この時点で経営に色々な問題を抱えていたのでしょう。それで事業の見直しを始めたと考えられます。2008年10月のことです。

結論として、すでに撮影や取材でかかった経費をジオスが負担し、著者側は企画を他社に持ち込むことで清算するという条件で合意しました。無事に入金があって、そこでジオスとの取引は終わったのです。

その後、気を取り直してこの企画を買ってくれる出版社を探しました。英語学習本や実用書を出している出版社を何社かあたって企画を出したところ、なんと3社で企画が通ったんです。やっぱり、ジオスですでに通っていただけあって、それなりの企画力はあったんですね。

なんとも尊大なことに、こちらが出版社を選ぶ状況になりました。最終的に決めさせていただいたのが、何を隠そう中経出版です。ここは素晴らしい出版社ですよ。だって今まで著書を出したことがない我々の企画を信じてくれて、さらに「シリーズで出しましょう!」と言ってくれたんですから。

そんな経緯があって、昨年「写真で覚えるビジネス英語」シリーズを出版するに至ったわけです。ジオスで制作が中止になったのは辛かったけれど、結果としてそうなって良かったんですよね。本が出た時もそう思ったけど、破産のニュースを聞いた昨日も胸をなでおろしました。出版社が倒産した場合、著者への印税とかってどうなるんでしょう?まぁ、まず期待できないですよね。

でもジオスと仕事ができたことは感謝してます。やり方はかなり荒っぽかったけど(笑)本の制作に携わるきっかけができたし、その仕事のおかげで今があるわけだから。本業である英会話教室の経営が上手くいかなかったのは残念。でもこれも時代の流れのような気がします。

と、かなり長くなりましたが(これは自己記録かも)、本にまつわる思い出話をいつか書いておきたいなーと思ってて、ちょうどジオスのニュースが出たので、この機会にまとめてみました。本当はもっと付属する色々なストーリーがあるんだけどね。まぁドラマクイーンになるつもりはないから(笑)

ということで、おしまい。

☆アメリカ在住者のブログはこちら☆
☆北米在住者のブログはこちら☆


ラベル:ジオス 徳島
posted by さとうみゆき at 15:28| Comment(6) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

Who Killed the Electric Car?

っていう映画、覚えてますか?ずいぶん前にサイトで紹介したドキュメンタリーです(日本でも公開されたのかな?)

同作品の監督であるChris Paine氏は、環境活動家としても知られていて、自宅にソーラーパネルを設置して太陽光で自家発電を行い、グリーンなライフスタイルを送っています。そのソーラーハウス見学会が26日(金)にあったので参加してきました。

カルバーシティの丘の上に建つ自宅はMarrakesh Houseと呼ばれていて、モロッコをモチーフとしたつくりになっています。




広大な庭にはプール、家庭菜園、パティオのほかに、ゴミや廃材を集めてつくったミニ寺院が建っています。ここで瞑想でもするのかな?




監督は超ホットな電気自動車、Tesla Roadstarに乗っています。ショールームや展示会では見たことがあるけど、個人が所有しているTeslaと所有者を見たのは初めて。



Teslaがどれくらいホットかというと・・・まず価格がホット。10万ドルくらいします(笑)そして顧客がホット。所有者はジョージ・クルーニー、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブラッド・ピッドなどなど。

他の自動車メーカーのように量産していないので、常にながーいウエイティングがあります。Paine氏のTeslaは23号だった。有名人は得ね。


Paine監督。ちょっと変わった人だった(笑)映画監督なんて変わってないとできないよね。



Who Killed the Electric Car?は、開発の末に闇に葬られた電気自動車を追った内容でしたが、その続編を現在制作中とのこと。今度は電気自動車の復活についてだそうです。仮題はRevenge of the Electric Car


で、肝心のソーラーパネルなんですが、屋根の上に設置してあるので、写真がうまく撮れませんでした。Marrakesh Houseのウェブサイトに屋根の上で撮った写真が載ってます。三菱電機製の6.6kWのソーラーパネル36枚が年間1万1000kWhを発電するそう。実はこれ、三菱がスポンサーになって提供したもの。有名人は得ね。

三菱はアメリカでもソーラーパネルの販売に力を入れている様子。でも今は商用だけで住宅用はないんだそう。監督の家は特別らしい。私もソーラーパネルはぜひ導入したいんだけど(だってカリフォルニア!)、三菱がスポンサーしてくれるとも思えないので、ほかをあたることになりそうです(笑)

やっと少し戻ってきました
相変わらず行方不明


posted by さとうみゆき at 16:45| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

今年のプロジェクト




昨年は本を出版して、長期で日本へ行ってとてもいい年でした。本を通じて周りのサポートをたくさん受けたし、新しい出会いにも恵まれました。

今年はもっといい年にしたいと思います。あれこれ欲張って達成しようとするより、1つの大きな目標に向かって小さな努力をしていくほうが、結果的には満足感が得られる気がします。

仕事でもプライベートでも、すでにいくつかのプロジェクトが入っているし、やりたいことも出てきました。年始ってつい占いを見ちゃうんだけど、その内容も決して悪くない。今年はとにかく行動するに限るそう。

試しにSuper Lottoでも買ってみようかな(そういう意味じゃなくて?)


↓いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by さとうみゆき at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。