さとうみゆきの著書
「写真で覚えるビジネス英語」シリーズ

image_s_office01.jpg  image_s_neg01.jpg  image_s_trip01.jpg

CD付 写真で覚えるビジネス英語[オフィス編]
  CD付 写真で覚えるビジネス英語[商談・交渉編]
CD付 写真で覚えるビジネス英語[海外出張編]
各1680円(税込)で好評発売中!!

アメリカで取材した、リアルなビジネス英語表現満載!
写真とセットで見るから、ビジネス語彙が記憶に定着


2010年03月15日

本と作家の話

先週はイルカとかクジラとかいろいろあって、日本から立て続けに問い合わせが来てバタバタしていました。

その話は長くなるから割愛するとして(笑)、今日は本の話をしたいと思います。

海外に住んでいると日本語の書籍がなかなか手に入らないのが普通ですが、ここロサンゼルスには日本の大型書店がいくつもあり、日本語の蔵書を持つ図書館があちこちにあり、しかもブックオフまで進出してるので、本に関する環境はかなり恵まれていると思います。そんな中で、つい英語よりも日本語の本を読むことが多くなってしまいます。

私の読書歴って、それはもうすごい偏っているんですが、この5年くらいはミステリー、サスペンス、ハードボイルドに傾倒してます。作家をリストアップするとこんな感じ。

ほとんどの作品を読了
大沢在昌
桐野夏生
小池真理子
乃南アサ
馳星周

半分くらいの作品を読了
北方謙三
島田荘司
楡周平
東野圭吾
松本清張

どうでしょう?みなさんの読書リストと重なってる部分はありますか?アクの強いキャラクター設定と毒のあるストーリーの小説が好きかな。癒し系や学習系の小説はたいてい途中で投げ出してしまいます。壮大すぎる話も苦手。

最近は3〜4日で1冊というペース。以前は高すぎる日本語書籍が買えなくて我慢することもよくあったけど、ラパルマ図書館のおかげで日常の娯楽読書には困らなくなりました。本当にありがたいです。まぁ自分も出版の仕事をしているから、気に入った作品はちゃんとお金を出して買うけどね。

☆アメリカ在住者のブログを見る☆
☆北米在住者のブログを見る☆


posted by さとうみゆき at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカに来てから全くご無沙汰していますが、「新宿鮫」まだ続いているんでしょうか?
Posted by ゆみこ at 2010年03月15日 23:33
ゆみこさん

新宿鮫はシリーズ第9弾までいったようですよ。まだ読んでませんが。
いくつか手元にあるので読みたければお貸ししますよ。
Posted by さとう at 2010年03月16日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143700946

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。