さとうみゆきの著書
「写真で覚えるビジネス英語」シリーズ

image_s_office01.jpg  image_s_neg01.jpg  image_s_trip01.jpg

CD付 写真で覚えるビジネス英語[オフィス編]
  CD付 写真で覚えるビジネス英語[商談・交渉編]
CD付 写真で覚えるビジネス英語[海外出張編]
各1680円(税込)で好評発売中!!

アメリカで取材した、リアルなビジネス英語表現満載!
写真とセットで見るから、ビジネス語彙が記憶に定着


2008年06月06日

ロシア郷土料理





今週のバスケットにすごいゴージャスなビーツが入っていたので、ボルシチをつくってみました。自分でつくるのは初めてです。

ロシアの味噌汁といわれるほど、レシピは各家庭や地域によってさまざま。でも絶対に外せないのがビーツ。その理由がよーくわかりました。体が内側からポカポカしてくるんです。極寒のロシアでは欠かせない食材なんですね。今までビーツを冷やして食べてばかりいたから気づいてませんでした。

ビーツ大好き!!
(次の日トイレに行ってびっくりしないでね)

追記:レシピを書いておきます(具材はお好みで)

材料(4人分)
ビーツ大 2〜3個
じゃがいも 1個
香味野菜(にんじん、玉ねぎ、セロリなど) 適量
ブロック肉(牛や豚) 300g
キャベツ 1/4個
ローリエ 1枚
飾り用ハーブ(パセリやシラントロ)
スープの素
サワークリーム 適量

1)ビーツは皮付きのまま丸ごと20〜30分ほど熱湯で茹でるかオーブンで焼く。竹串で刺して中心が少し固いくらいで火から下ろす。
2)肉を塊のままフライパンで強火で焼き、表面に焼き色がついたら鍋に移してたっぷりの水を加え、柔らかくなるまで煮込む。
3)材料をすべて一口大に切る。
4)鍋にバターを溶かしローリエと香味野菜を加えて炒める。全体に油がまわったらじゃがいもを入れる。
5)材料がつかるくらいの水とスープの素を鍋に入れて煮込む(好みですりおろしたにんにくも)。ビーツの皮をむいて一口大に切って入れる。
6)柔らかくなった肉を一口大に切って鍋に入れる。肉の煮込み汁も漉して加える。好みでキャベツも加える。
7)弱火でしばらく煮込んでビーツが完全に柔らかくなったら出来上がり。仕上げにハーブとサワークリームをトッピングする。

*具材によって火の通り方が違うので、別々に調理して順番に鍋に入れていくのがポイント。ビーツの甘みが損なわれるので煮込みすぎに注意。
posted by さとうみゆき at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | うちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそう<br>
ぜひレシピ教えてください!
Posted by ゆみこ at 2008年06月08日 10:26
ゆみこさーん<br>
レシピを追記しますね。ちょっと待ってて。<br>
Posted by 管理人 at 2008年06月10日 12:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131419105

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。