さとうみゆきの著書
「写真で覚えるビジネス英語」シリーズ

image_s_office01.jpg  image_s_neg01.jpg  image_s_trip01.jpg

CD付 写真で覚えるビジネス英語[オフィス編]
  CD付 写真で覚えるビジネス英語[商談・交渉編]
CD付 写真で覚えるビジネス英語[海外出張編]
各1680円(税込)で好評発売中!!

アメリカで取材した、リアルなビジネス英語表現満載!
写真とセットで見るから、ビジネス語彙が記憶に定着


2010年01月27日

アメリカの食材でうちごはん コールラビ編




この季節の楽しみはコールラビ。こんなヘンテコな形をした根菜です。ドイツ語でkohlはキャベツ、rabiはカブのこと。文字通り、キャベツとカブのハイブリッドなんですね。

キャベツに薄緑と紫があるように、コールラビも外皮が薄緑のものと、こんな感じの紫があります。どちらも皮をむくとカブみたいな色で大差ありません。

でもカブより繊維がしっかりしていて、ちょっと大根にも似ています。




だから一番あうのは煮込み系!この時季は何といってもポトフですね。ダシを効かせたスープでじっくり煮ていくと、大根のように味が芯までしみ込んでメチャおいしい。カブだとその前に柔らかくなっちゃうよね。

今日は別に肉料理をつくったから、ソーセージを入れずに野菜だけのポトフにしました。手前に転がってるのがコールラビです。本当はもっと野菜がゴロゴロしたポトフをつくりたいんだけど、あまり大きいと「熱すぎて明日まで待たないと食べられない」って夫に文句を言われるんです(笑)アメリカ人、猫舌だから話にならない。

今度はコールラビのサラダでもつくってみようと思います。


☆海外生活のブログを見る☆
☆北アメリカのブログを見る☆

posted by さとうみゆき at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | うちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

久しぶりにドイツ村のビュッフェ




今日はトーランスに行ったので、久しぶりにドイツ村(Alpine Village)でサンデーブランチを食べました。

以前は確か一人12.95ドルだったのに、17.95ドルに値上げされてる。お得感は薄れてしまったけど、シャンペンも飲み放題でこの値段だから、相場を考えるとそれほど悪くはないのかも。




ドイツ料理が中心のビュッフェということで、コールスロー、ソーセージ、ハム、ザワークラウト、農夫の朝食(ジャーマンポテト)、ウィーナーシュニッツェル(ドイツ風とんかつ)といったメジャーな料理はだいたいあって、ほかにもアメリカンな朝食メニューがあります。

ドイツ料理って素朴な感じがするけど、ライ麦パンにサラミやチーズをはさんで食べる朝食、大好きです。数年前にドイツの田舎をした時、手づくりハムやチーズがたくさん出てきたホテルの朝食が本当においしくて、私の中ではトップ10に入ってます。




ウィーナーシュニッツェルはウスターソースをかけたくなるけど薄切りでおいしいし、羊肉の煮込みもいけてます。これじゃ物足りないアメリカ人は、カービングセクションに行ってプライムリブをカットしてもらいます(笑)

ブランチが終わったら、隣りの建物にあるマーケットで惣菜やドイツの食品を物色するのも楽しいです。かなり品揃えが多くて本格的なんです。

ロサンゼルスにドイツ料理の店って少ないから、たまにはいいですね。ちなみに、オレンジカウンティにもドイツ村があるけれど、トーランスのほうがぜんぜん味がいいと思います。


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by さとうみゆき at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン/ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

今度はカントクがZIP-FMに出演!

11月に出演したZIP-FMですが、L.A.つながりで今度は映画監督の長土居政史さんが登場しました。→カントクの紹介記事

しかもちょうど日本に帰省中で、スタジオに行って生出演してきたんだって。
やるな〜〜ZIP-FMのブログにもばっちり載ってるし。

カントクのブログにその時のサウンドファイルがアップされているので、聞き逃してしまった名古屋の人、電波の届かない非名古屋の人はチェックしてみましょう!

→ ブログを見る

なんかカントク、楽しそうに語ってるねー。あの話を聞いた日本の人は「ハリウッドではどんな風に映画をつくっているんだろう?」って必ず興味を持つよね。

「名古屋と姉妹都市のロサンゼルスから来ました」っていうのもポイント高し!

カントクの作品↓ もうすぐDVDが発売開始です



↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by さとうみゆき at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

そんな降り方しなくてもいいのに




普段は雨が降らなくて水不足を心配してばかりなのに、いったん低気圧が来ると嵐になって何日も降り止まないのよねー。今回もストーム3連続・・・。

ウチの近辺は昨日から何度も豪雨地域に入って、お天気レーダーで見ると“真っ赤”になってます。夫の会社があるサンオノフレ(オレンジカウンティ最南端)もハリケーン並みの降水だったと言います。

東海岸の人と話をしてたら、「カリフォルニアって山火事があったり、豪雨があったり大変なんですねー」と言われました。確かに、普段は過ごしやすいマイルドな気候だけど、それが崩れるとかなり極端な気候になるのが特徴かも。昨夏も3週間近い熱波とかあったし。

何ていうか、もうちょっと平均的に晴れと雨、寒さと暑さが来ることはできないのかなー。そんなに集中しなくてもいいのに。って、誰に言ってるんだろう!?

みなさん、不要な外出は避けて運転にはくれぐれも気をつけましょうね。


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by さとうみゆき at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

アメリカの食材でうちごはん ざくろ編

カリフォルニアに住んで大好きになった食材のNo.1は、文句なしにざくろです。というか、日本にいた時に食べた覚えがありません。日本でざくろっていうと、しゃぶしゃぶレストランを思い浮かべる人も多いのでは?

カリフォルニアはざくろの一大産地で、アメリカのほとんどの消費量をまかなっているばかりでなく、日本にも輸出しています。そのため、地元産の新鮮なざくろがとても安く入手できます。ピーク時は特大サイズで1つ2ドルくらいです。




大きさはリンゴからグレープフルーツくらいまであって、大きいほど果汁がたっぷり詰まっています。鮮やかなルビー色が食べ頃の目印で、黒身かかっているものはすぐに傷み始めます。




包丁を入れるとこんな断面。果肉のような紅い部分は種で、これを取り出して食べます。本当に宝石みたい。そのままサラダに入れたり、つけ合わせに使ったりしてもいいんですが、絞った果汁が何といっても一番おいしい!と断言します。




ざくろジュースは、コクのある甘みとほのかな酸味がブレンドした、ほかの果物にはないフレーバーが特徴です。後味もしっかり残ります。ドリンクやカクテルのバリエーションはたくさんありますが、わが家の定番はマルガリータ。テキーラにざくろの果汁を混ぜて、ライムジュースを絞るだけです。

最近気づいたんですが、ざくろでカクテルをつくる時は、独特の香りと味を殺さないために、できるだけフレイバーのないお酒と混ぜるほうがいいと思います。ウォッカもよく合うし、焼酎も結構いけます。リキュール類を使うと相殺してしまうのでもったいないですよ。

ざくろにはポリフェノールが豊富に含まれていて、実際「いかにも抗酸化作用!」という味がするんですよね。ちょっと調子の悪い時にざくろジュースを飲むとすぐ元気が出てきます。

ざくろの旬は10月から1月まで。もう今年もシーズンの終わりに近づいているので、その前に一度ご賞味下さい。アメリカではファーマーズ・マーケットでたいてい見つかりますが、アジア系マーケット(特に韓国とイラン)でも安く売っています。

ざくろの扱い方やレシピは、カリフォルニアざくろ協会の日本語サイトを参考にしてみて下さい。以前のブログ記事でも紹介したので、そちらもどうぞ。


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by さとうみゆき at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | うちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。